認知的多様性

木のテーブルの近くにいる人の写真

性格タイプを表す一般的で中立的な言語は、パターンの識別を可能にし、シンプルなコミュニケーションテクニックは、異なる視点を奨励し、より容易に聞くことを可能にします。

戦略的優先事項:"スピークアップ - 認知的多様性を活性化しイノベーションを推進する"

背景:私たちのクライアントは、10万人以上の従業員を擁するグローバルな消費財メーカーです。この企業の戦略的優先課題は、異なる視点に耳を傾け、ビジネスに統合することです。彼らは、ある種の個性が組織内で自然に繁栄する傾向があることを認識しており、これには多くの長所と短所があります。

タイプコーチの事例:あまり一般的でない性格のタイプは、確立された組織においてイノベーションのために欠けている要素の源となることがよくあります。私たちは、これらの異なるタイプがもたらす価値を明確にするために、中立的な言語を提供します。さらに重要なことは、これらのタイプに関わり、彼らを動機づけ、巻き込むためのフレームワークを提供することで、新しいアイデアや視点が聞き入れられ、ビジネスに統合されていくことです。

デプロイメント:このクライアント企業は、歴史的にレガシーなソリューションを使用していたため、私たちが使用する用語にすでに慣れていました。6ヵ月以内にグローバルに展開し、200人以上の社内実務担当者が当社の手法を習得し、4,000人以上の年間ユーザーが当社のツールや社内トレーニングを受講しました。

反射:大規模で確立された組織では、限られた性格の人が集まり、昇進していく傾向があります。認知の多様性という概念を取り入れたダイバーシティ&インクルージョン・プログラムは、組織が意図せずに疎外されがちな異なる視点を統合するのに役立ちます。共通の中立的な性格言語によってこれらのパターンを識別し、シンプルなコミュニケーションテクニックによって、異なる視点を奨励し、より容易に聞くことができるようになります。


一口コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る