金曜日までにお渡しします

同じフレーズを使うとき、判断者と知覚者はしばしば異なる意味を持つ

同じ言葉でも、その人の性格によって定義が異なることを知るのは、いつも楽しい。いつ 審査員 を約束し、「金曜日までにお渡しします」と言うのと、「金曜日までにお渡しします」と言うのとでは、まったく意味が違ってくることが多い。 パーシーバー もまったく同じフレーズを使っている。私たちのワークショップの参加者に、「金曜日までに」と言われたときに何を聞いたかを話してもらうと、たいていの場合、次のような答えが返ってくる:

審査員

  • 金曜までには届くと思うから、木曜の午後か夜だね。
  • 金曜日の午前中には届くと思う......そして、届き次第すぐに発送するものを用意している。
  • 午後の遅い時間は残念だが、まだ許容範囲だ。
金曜日までにお渡しします。

知覚者

  • 金曜日の午後4時59分までに届くと思う。
  • 金曜日の午後11時59分までならいつでも!
  • 月曜の朝はうまくいく。とにかく週末は何もするつもりがなかったからだ!
金曜日までにお届けします。

当然のことながら、これは問題のもとであり、その理由を理解するのは簡単だ。 信頼問題 一般的に使われる言葉の定義が異なるという点で、根本的な違いがあると、このような問題が生じることがある。これを避けるためのアドバイスは非常にシンプルだ、 合意に達する前に、十分なレベルの明確性を得ることが重要である。.相手が納期を守ることを前提に、以下のことを明確にすること。 その期限は

「金曜日の正午までにいただけますか?

金曜日までにお渡しします」と解釈の余地を残す代わりに、次のように言ってみてください:「金曜日の正午までにいただけますか?こうすることで、全員が同じページに立つことができる。締め切りが議論されないとどうなるのか知りたい方は、この記事をご覧ください:"今から時の終わりまで..."

ロブ・トゥーミー

ロブ・トゥーミー

タイプコーチ社長兼共同創設者

関連トピック

TypeCoachを試す準備はできましたか?

トップページに戻る