仕事と遊びを混在させる(あるいは混在させない)

審判は楽しい...仕事が終われば

私たちのワークショップでは遊び半分で言っていることだが、これには真実の核心がある: 審判は楽しいよ...仕事が終わればね.

仕事と遊びの混在 - 漫画:トゥーミーとトゥーミー
仕事と遊びのミックス - ジャッジャーのTo Doリスト

審査員たちまず仕事、それから遊び

ほとんどの場合、そして仕事ではなおさらそうだ、 審査員 目の前のタスクに集中し、それが終わるまで突き進もうとする。仕事を終わらせることで得られるエンドルフィンを得るために、一点集中を維持するのだ。実際、そのエンドルフィン・ヒットは、彼らが人為的に作り出すものである。ジャッジャーがToDoリストにない仕事を終わらせた場合、彼らはそれを書き留めることが多い。

知覚者たち仕事と遊びのミックス

それに対して 知覚者 仕事と遊びをミックスしたり、プロジェクトが終わる前に別のプロジェクトに移ったりすることで、エネルギーが湧いてくるのだ。知覚者は、プロジェクトに「新しさ」や「新鮮さ」があるとき、プロジェクトの初期に最もエネルギーを発揮することが多い。プロジェクトがだんだんと進み、最終的な形が見えてくると、パーシーバーは他のことに移る傾向がある。それは、彼らが 気詰まり 物事を完成させるということは、その物事の特定の段階において、より多くのエネルギーを必要とするということだ。何かに対してエネルギーがないとき、私たちの注意はしばしば他のことに向く。

仕事と遊びのミックス - 遊び心
仕事と遊びをミックスする - タイミングがすべて

タイミングがすべて

さて、興味深いのは、ジャッジャーとパーシーバーが一緒に仕事をし、これらの異なるスタイルやアプローチを管理しようとする場合である。パーシーバーにとっては、遊び心を交えることでエネルギーを高めることは、一般的にジャッジャーが喜ぶことではないことを学ぶことが本当に重要だ。 ここではタイミングがすべてだから、同僚がプロジェクトの合間に、戯れにおしゃべりしたり冗談を言ったりできるような場所を探してみよう。

ストレスバスターとしてのレビティ

その一方で、ジャッジは次のことを認識することが重要だ。 パーシーバーの同僚たちが、座ってただひたすら仕事をすることを期待するのは非現実的だ。 一日中ひとつのプロジェクトに取り組む。洞察力のある人は、プロジェクトを小分けにして、短時間だけ関係のないことに取り組みたいと思うだろう。洞察力のある人がユーモアや遊び心を取り入れると、再び仕事に没頭できるようになる。ほとんどのチームや組織は、多少の遊び心がストレス解消になり、グループ内のトーンが変わることに気づいている。ダッグアウトでも、会社の役員室でも、 少しの明るさが人を緩ませる そして、物事が深刻に陥るのを防ぐ。

仕事と遊びをミックスする - ストレス解消としてのレビティ
仕事と遊びのミックス - インスピレーションの爆発

インスピレーションの爆発を活用する

多くのパーシーバーは、プロジェクトとプロジェクトの間を行き来したり、短時間のひらめ きで仕事をしたりすることで、大きな恩恵を受ける。このような場合、パーシーバーは1つのプロジェクトに全時間を費やすよりも多くのことを達成できることに気づくだろう。パーシーバーの インスピレーション しかし、スプリンターと同じで、そのペースを長期間維持できるわけではない。

重要なのは、"正しい "仕事のやり方はひとつではないということであり、私たちが目にする最も成功しているチームには、さまざまなスタイルが生まれ、相互作用する余地があるということだ。

ロブ・トゥーミー

ロブ・トゥーミー

タイプコーチ社長兼共同創設者

関連トピック

TypeCoachを試す準備はできましたか?

トップページに戻る