サクセスストーリー

タイプコーチの活用で優先順位が上がる

概要

タイプコーチは、アダプティブ・リーダーシップとセールス・システムです。当社の900社以上のグローバルクライアントが、当社のオンラインツールやトレーニングを利用して、チームのコミュニケーション能力を高めています。以下は、クライアントが望む結果を得るために、私たちのプログラムが様々な戦略的優先事項にどのように統合されたかを示す例です。

タイプコーチを導入する準備が整いました の組織ですか? 今すぐお問い合わせください。

サクセスストーリー #1
エモーショナル・インテリジェンス

戦略的優先事項"よりエモーショナルインテリジェントな組織へ"

タイプコーチの事例:エモーショナル・インテリジェンスとは、広い意味で解釈や意味が異なるカテゴリーです。クライアントと話し合った結果、彼らが本当に求めているのは、誰もがさまざまなコミュニケーション戦略を使えるようになることであり、画一的なコミュニケーションアプローチから、適応的なアプローチに移行することだと判断しました。

成功事例#2:認知の多様性

戦略的優先課題"サイロを壊し、企業マインドにシフトする"

タイプコーチの事例:歴史的に競争や敵対関係にあった異なる部門間の橋渡しをするためには、共通の中立的な言語を導入することが重要です。ある種の行動やアプローチを読み解くことで、参加者は多様な考え方に価値を見出し、さらに重要なこととして、機能を超えた交流を成功させるためのテクニックを身につけることができるのです。

サクセスストーリー #3変化と変革

戦略的優先事項"大規模なグローバル変革プロジェクトの成功を確保する"

タイプコーチの事例:ある人は新しい革新的なアプローチを受け入れ、またある人は慎重かつ細心の注意を払って対応します。変革の提案をどのように伝えるかは、その提案に対する受け手の自然な欲求を考慮する必要があります。そして、個々の管理者が、その変革のためにチームとどのように協働するかが、最終的に成否を決めることになるのです。

サクセスストーリー #4イノベーションの推進

戦略的優先課題"Speak Up - Activating Cognitive Diversity to Drive Innovation" (スピークアップ - 認知的多様性の活性化でイノベーションを促進)

タイプコーチの事例:あまり一般的でない性格のタイプは、確立された組織においてイノベーションのために欠けている要素の源となることがよくあります。私たちは、これらの異なるタイプがもたらす価値を明確にするために、中立的な言語を提供します。さらに重要なことは、これらのタイプに関わり、彼らを動機づけ、巻き込むためのフレームワークを提供することで、新しいアイデアや視点が聞き入れられ、ビジネスに統合されていくことです。

サクセスストーリー#5
エンゲージメントとリテンション

戦略的優先事項"ヘルスケアにおける従業員のエンゲージメントとリテンションの向上"

タイプコーチの事例:臨床的なトレーニングを受けたスタッフは、自分のメッセージを相手に合わせるために少しでも気を配ることの重要性を理解していないことがよくあります。しかし、スキルに基づいたコミュニケーション・トレーニングを行うことで、ちょっとした工夫で大きな効果が得られること、また衝突を避けることができることを、多くのスタッフが理解するようになりました。

著作権 © 2009 - 2023 TypeCoach. All Rights Reserved.

トップページに戻る
Fresh new look, same great suite of tools.