重要な締め切りの前後における緊急性

ジャッジャーの同僚は、よりリラックスしたパーシーバーのスタイルを誤解することがある。

私は、ボストンの2つの大きな法律事務所で合計5年間、企業弁護士としてキャリアをスタートさせた。これは性格タイプの訓練であり、私はさまざまなタイプに対処する方法についての知識を、生き残るための戦術として使った。最初の事務所では1999年に33人のアソシエイトを採用したが、2003年までに私は7人しか残っていなかった。 しかし、毎年、プロフェッショナル・レビューで同じようなフィードバックを受けていたので、私は明らかにすべてを理解していたわけではなかった。

"ロブは重要な期限に十分な緊急性を示さない"

ロブ・トゥーミー ヘッドショット

痛い。週に70時間から100時間も働いた後では、そんなことは望むべくもない。として パーシーバーしかし、私には外向的で冷静な態度を取る傾向がある。実際、私は プライド 周囲が崩壊しているときでも冷静さを失わないこと。問題は、私の 審査員 同僚たちは、私のリラックスしたスタイルを、私が状況を理解していないというシグナルとみなした。私が重要な締め切りの前後で表だって緊急性を示さなかったため、彼らは私が事態に対処するのではないかと疑い始めた。 

姉と私はこれまで何百もの漫画やイラストを一緒に描いてきたが、姉が私を登場させようと決めたのはこの作品だけだ(クラーク・ケントがそうするように、私を変装させるために眼鏡を加えた)。

重要な締め切りの前後の緊急性 - トゥーミー&トゥーミー漫画

とにかく、毎年私の人事考課では、会話の続きがこうだった:

  • レビュアー:同僚からのコンセンサスは、あなたが重要な期限に十分な緊急性を示さないということだ。
  • ロブ: 私のファイルを見てもらえばわかると思うけど、一度も締め切りに遅れたことがないんだ。
  • レビュアー:そうだね。
  • ロブ:つまり、あなた方が言いたいのは......私がもっとストレスを感じているように見せてほしいということですか?そうなのか?
  • レビュアー: そうだね!それはいいね。

考えてみれば、全体的におかしな話だ。しかし、彼らが言っていたことは正当だ。パーシーバーがあまりにも冷静で、落ち着いていると、ジャッジャーの同僚(あるいは友人や家族)に対して、パーシーバーは状況の緊急性を理解していないというメッセージを送ることになる。 ジャッジャーたちは、自分が緊急性を感じているときには、その緊急性を示さずにはいられないのだから、誰かが同じような緊急性を示していないと、心配になるのは自然なことなのだ。.その結果、AMPSは緊急性を増した!

重要な締め切り間際の緊急性 - 急ぐこと
重要な締め切りの前後での緊急性 - マイクロマネジメント

というのも、彼らが私のレビューにそれを持ち出すというだけでなく、私がやるべきことをやっているかどうか、彼らが私の机の後ろに立ち、厳しくチェックするということだからだ。言い換えれば、あまりに控えめだと、ジャッジャーの同僚からもっと注目され、心配されるということだ。 

そこで私がアドバイスしたいのは、周囲のジャッジたちに、あなたが緊急性を理解していること、そしてタイムリーに行動を起こすつもりであることを伝える方法を考えることだ。そうでなければ、彼らはあなたに腹を立てるだろう。

そして、Rワードは言わないこと! 😉。

ロブ・トゥーミー

ロブ・トゥーミー

タイプコーチ社長兼共同創設者

関連トピック

TypeCoachを試す準備はできましたか?

トップページに戻る