プライベート・エクイティにおけるEQツールとトレーニング

パーソナリティベースのリソースは、摩擦の少ない成長のための未開発の触媒であり、促進剤となる

私はボストンの大手法律事務所で弁護士としてのキャリアをスタートさせた。主なクライアントはプライベート・エクイティ・ファームで、数十億ドル規模の取引を行う大手から中小のベンチャー・キャピタルまで多岐にわたった。このことは、投資先企業の代理人を務めることを意味し、このようなエコシステムの中で、私は自分の将来が起業にあることに気づいた。そこで2005年、妻と私は一緒に最初のビジネスを始め、それがタイプコーチというブランドに成長しました。ここ数年、私はまた、小さなベンチャースタジオを立ち上げました。 アイデア工場デジタル・ウェブおよびモバイル・アプリケーション分野の初期段階(ナプキン/コンセプト/プロトタイプ)プロジェクトに重点を置いている。 

プライベート・エクイティにおけるEQ - ギア

プライベート・エクイティに再参入し(アーリーステージ側で)、私はネットワークを構築しているが、PE/VCファームでパーソナリティ・ベースのリソースを利用しているところはほんの一握りであることに驚いている。また、そのようなリソースを投資先企業に活用しているファームを私は1社も知らない。 

フォーチュン500を構成する企業から、一流の経営コンサルティング会社、法律事務所(これは比較的最近の傾向であるが)、その他最高層で活動する組織(ビジネススクール、医学部、非営利団体など)に至るまで、世界の一流組織のほとんどすべてでパーソナリティ・タイプのリソースが使用されている。しかし、プライベート・エクイティの分野では、どうやら普及が進んでいないようだ。

それでもだ。 

これらの企業は、このようなソリューションはより成熟した企業の領域であり、新興企業やスケールアップした企業にとっては不必要な「贅沢品」だと考えているのではないだろうか。しかし、 私は、企業には開発を加速させる大きなチャンスがあると確信している。 対人コミュニケーションやエモーショナル・インテリジェンスを向上させる実践的なツールやテクニックを、投資先企業内で意図的に活用する。それは、贅沢品というよりもむしろ これらの資源は、摩擦の少ない成長のための未開発の触媒であり、促進剤である。.また、このようなアプリケーションを通じて、エグジットの評価やファンド/投資家のROI/DPIを向上させる機会があると私は考えている。 

プライベート・エクイティにおけるEQ - ブロック

最後に付け加えると、感情的知性とコミュニケーションの改善の必要性は、ハイテク/AIの分野に進出している投資先企業で最も明白かつ顕著である。そのような企業を運営する創業者や技術者は、生まれつきの感情的知能が低い傾向がある。このような状況で導入されるトレーニングやツールは、企業や投資家の短期的・長期的な成果にさらに大きな影響を与えるというのが私の仮説である。 

ロブ・トゥーミー

ロブ・トゥーミー

タイプコーチ社長兼共同創設者

関連トピック

TypeCoachを試す準備はできましたか?

トップページに戻る